« 「おばちゃん」誕生! | トップページ | 宮城県栗原市の坑道跡の地底博物館「マインパーク」から、出られない! »

2014年2月 1日 (土)

香港で、一緒のイケメン・カナダ人は、誰だ!?

 香港は、私が行った都市の中で、一番居心地がいい。あやふやな英語が通じるし、お粥がうまくて安い。第一、街が狭いし、日本人が多いので、迷ってばかりいる私と夫は、迷っても打撃がそう大きくない。Photo

 それで、今回で3回目だ。前回は、シェラトンに泊まった。部屋を出ると、すぐ銀座のような街で、いろいろなお店をのぞきまくった。

 

 今回のホテルは、郊外にある、リージェントシーだ。5つ星のホテルで、シェラトンより、格上だ。部屋がめちゃくちゃ使いやすくできていて、快適だ。しかも、部屋から海が見える。 私は、部屋の出窓に寝そべって、海ばかり見ていた。

 

 泊まった二日目、10時くらいに、テラス席で朝食をとっていた。隣の席では、白人が新聞を読みながら、オムレツを食べている。うん、なかなかいい男だ!やはり、こういう高級なホテルは、高級な人が泊まっている。私たちなんて、HISでなければ、とてもこんな所、泊まれなかった! 

 

 気が付くと、広いテラス席は、私と、彼だけになっていた。すると、その人が話掛けてきた。「日本人ですか?」もちろん、英語だ。要約すると、「2週間後に、東京へ講師で行く」という。「何の講師」と聞くと、「モラロジー」だそうだ。思わず、千葉の「モラロジー研究所」を思い出してしまった。2

 プールで泳いでいたら、彼がやって来た。一緒に写真を撮ったけど、とても、疑似ファミリーには、見えないだろうなぁー。くすん。

 

 それから、黄仙寺と、レバレスレイに行った。、レバレスレイから、泊まったホテルが見えた。P1040042

 

 教訓。朝食は、遅くとるに限る。

 

 

 

 

 

 

« 「おばちゃん」誕生! | トップページ | 宮城県栗原市の坑道跡の地底博物館「マインパーク」から、出られない! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香港で、一緒のイケメン・カナダ人は、誰だ!?:

« 「おばちゃん」誕生! | トップページ | 宮城県栗原市の坑道跡の地底博物館「マインパーク」から、出られない! »