« 楽しくて、再就職に役立つ「子育て支援士」養成講座 | トップページ | 1年間で、こんなに親しくなる「子育て支援士」たち。 »

2014年9月30日 (火)

埼玉県が「自殺予防の講演会」を開かせてくれた!

   9_3


9月21日(日)に、当法人主催で、埼玉県の助成金で、「自殺予防の講演会」を開催した。参加者は、32名。若い人が多いので、少し驚いた。

 

 講演会は、広報こしがやと、お付き合いのある4つの新聞が取り上げてくれた。読売新聞の埼玉版が掲載してくれた。多くのお力添えがあり、開催にいたった。

 

  この日、私はパワーポイントデビューを飾った。     Photo_9 基調講演の竹内啓二・麗澤大学教授の後に、わたしが司会で、パネルディスカッションが始まった。フラットのステージ上には、パネラーの杉本宜昭・柳沢紀代美さんら3人。

 前日の9月20日(土)に、渋谷公会堂で、精神科医で歌手で作詞家のきたやまおさむの、アカデミックシアターがあった。もう、ずっと前からチケットはとってあった。ゲストが、伊勢正三だからだが。


   驚いた!きたやまおさむは、巨大なスクリーンを背に、パワーポイントのマウスを握りながら、話すではないか。背後には、浮世絵の母子像が、いくつも写されては消えていく~~~~

 Photo_5

                                        
 わたしのMCは、きたやまおさむを真似た。少し、軽すぎた。それから手が、マウスに行く。何とかスクリーンに映像が映る。映像を見ながらしゃべる。パネラーにふる。

 

 そして、悲劇が起きる。何んと、同じ写真が繰り返し出てくるではないか!あ~ぁ! あわてて、震える手でマウスを握り、ぺージをめくる。

 自殺予防の講演会で、私は、皆さんに「勇気」と「強い心臓」と「チャレンジするこころ」を、贈ることができたのかもしれない。      Photo_10

       





                                 

                                    

 

 

 

« 楽しくて、再就職に役立つ「子育て支援士」養成講座 | トップページ | 1年間で、こんなに親しくなる「子育て支援士」たち。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県が「自殺予防の講演会」を開かせてくれた!:

« 楽しくて、再就職に役立つ「子育て支援士」養成講座 | トップページ | 1年間で、こんなに親しくなる「子育て支援士」たち。 »