住まい・インテリア

2012年4月15日 (日)

クロッカスが、咲いた

2012315 201249  30歳の息子が、昨年、結婚をした。お嫁さんは、私が想像していたより、ずっとずっと素敵な、お嬢さんだった。家族が増えて、とても嬉しい。

 クロッカスを増すのが、上手なんだという。

 仲のいい生協の若い配達の人が、「球根って、最初はみずみずしくて、大きいのに、しばらくすると、しなびちゃうでしょう。それを増やす人ってすごい!」と、感心してくれた。

 しばらくして、球根がやって来た。

 我が家は、手入れはしてないが、庭はある。黒土や培養土を入れていて、ふかふかだ!だから、よく、猫たちに粗相をされし、鳥たちは、餌をついばみに来る。栄養は、きっと充分だ!

 そして、寒い寒い3月に目を出し、中旬に咲き、今も咲いている。

 どうして球根なのに、こんなに長寿なんだろう?

 きっと私たち家族の喜びと、素敵な娘さんに、球根がサービスをしてしまったのだろう。

  201249_2