学問・資格

2017年2月 3日 (金)

「ママセミナー」は開設10周年。結末は、いきものがかりと同じ。

Dsc02426_4
 私がその主催者・オーナーです。 
 「子育て支援」の社会貢献を、10年続けてきました。越谷レイクタウンで、毎月第2水曜日・午前に開催していた「ママセミナー」です。 
しかも、行政などのサポートがほとんどない中でです。
Photo_5
 
   9月18日(土)10周年を派手に祝おうDsc02440_3 と、今隆盛のアドラー心理学の講演会で挑みました。
 今までも、「子育て広場」を掲載という形で応援をしてくれた地元紙は大きく載せてくれました。その上、大手の朝日、サンケイ、埼玉新聞社にも、全部で7紙に載りました。
 
 
 しかし、紙媒体は若い方には届きにくい時代なのか、雨だったせいか、3連休の初日だったという不運も重なり、来場者用のプレゼントに、ママセミナーのロゴ入りクリアーファイルとお菓子を用意したのに・・・・・・・。大部残ってしまいました。
 
Img007_3
  10周年を一区切りに、ママセミナーは2017年の3月いっぱいでやめることになりました。
 何だか、デビューから10年たって、活動を休止した「いきものがかり」みたいです。
 あちらは、最後のコンサート4日間で10万人も集め、登り切ってやめますが・・・・・。こちらは、スタッフたちの高齢化や資金難もあり、下りきってやめるのが、少し悲しいです。
 
 
 
 今まで、参加してくださった皆さん、ありがとう!
 そして、この10年を支えてくれたスタッフありがとう!
 初代代表の三柴節子さんと、7年間一切の責任をおってママセミナーを運営してくださった佐藤政子代表に、心からお礼を申しあげます。
 
 10年間で、ママセミナーにみえてくださった方は、735名。支えてくれたスタッフは、延べ345名でした。
 ただいま、10年間を記念した小冊子を作製中です。出来たら、希望者には送りますので、ご連絡をください。
 またどこかで、お会いしましょう!  
 
 
 
2016914_4 1mg003_2

2014年9月10日 (水)

楽しくて、再就職に役立つ「子育て支援士」養成講座

 「資格がとれる講座」。当法人主催の「子育て支援士」養成講座が、人気です。国の施策による「子育て施設の拡充」で、再就職を目指す人のパスポートに役立っているのか?はたまた、ためになり楽しい講座のことが口コミで広がっているのか? 受講生たちが、子育て支援職に、再就職や転職を確実に決めていることが評価されているのか?

                                        Photo_2                    

 私も、主催者として、口にするのもなんですが、受付に入っていて、毎回楽しいです。毎回、講師が代り、その数22名。それとともに、内容も講師のキャリアも年齢も人柄も代わります。

            2014_2





 

 カウンセリングが主体の団体と、療育が専門の団体。2NPO法人の主催なので、心のケア、子どもや親との関わり方に、特化しています。子育ての勉強をするとともに、「楽に生きる」方法までゲットできます。キャリアを含めた相談事にのってくれる講師たちもいます。専門家ならではの視点は、私たちにいろいろなことを気ずかせてくれるので、ありがたいです。

  Photo_3





           

 あ~ぁ~子どもが小さいときに、この講座と出会ったいたらなぁー。あんなに、子育てが大変でなかったかもしれない!

 今は、第6期生を募集中!どんな方と、お会いできるか、とても楽しみです。一緒に、食事に行きましょうね。

                   P1050842

 

                            

2013年9月15日 (日)

麗澤大学で「聴き上手になろう」の講師をする

 2013711

 千葉県柏市にある、麗澤大学のオープンカレッジで、「聴き上手になろう」の講師をした。麗澤大学は、近いのに、埼玉県の人は意外に知らない。が、毎年外務省に2~3人は入るという、名門校らしい。

 それ以上にびっくりしたのは、広いキャンパスだ。Photo_7
 タクシーで「麗澤大学まで」というと、「広すぎて、どこに車を止めたらいいかわからない」と言われた。「かえで棟」と言っても、「わからない」。聞けば、東京ドームの10個分は、あるという。キャンパスで迷っていたら、時間に着かない!

 

 幸い、会場は「正門」の側だった。しかし、また驚く。会場が立派すぎるのだ。講師として、壇上に立つと、まるで、東京オリンピックの招致プレゼンター・滝川クルステルのようだ。私の秘書ではないが、秘書のように綺麗な二人のアシスタントを従えている。その私を、40名の受講生が、じっとみつめる。 

 この予期せ事態に、気を落ち着かせようとする。Photo_4
 しかし、世話役がすでに大学教授だ。、講師のプロが、逆転して、私の講義を聞いている。

 不思議なことに、口からは、もう何十回と講義をしている内容が、笑うもとって、飛び出してくる。これを、経験というか、キャリアというのだろう。しかし、汗がとめどなく流れ出し、新調のブレザーを、濡らしていく。

 一人で来ないで、本当によかった。「大学の講義、大丈夫ですか?」と、二人のアシスタントを付けて送り出してくれた、「子育て支援士」勉強会の皆さん、読みは当たっていたようですよ!22013 1回目が、1時間半。約20日後の2回目が4時間。カウンセリングで言う「傾聴とは」、相手を無条件に受容し、話は自分や常識などの価値観をいれず、相手の持っている世界で話を聴いていく。

 この講義時間で、受講生のみなさんは「聴き上手」に、なれただろうか?

 

 

 

 

 

2012年5月22日 (火)

札幌でも、カウンセリング

 4月の中旬、札幌へ行ってairplane来ました。

 前年の6月から始まった、約10ヶ月の「カウンセリング講座」の4つが修了し、やれやれ旅行です。もちろん、やれやれなので、一人旅です。201249

 実は、ちょうど同じ時期に、昨年も札幌に予約をしていたのです。が、3・11の地震があり、仙台空港airplaneや大津波の残骸を映像で、これでもか、これでもかと流されると、行く気は失せますよね。で、キャンセル。

 違ったのは値段dollarで、同じ設定で、約3割くらい安くなっていました。「札幌は、人が来ないのかなぁー。そういえば、雪まつりsnowも(今年は例年より寒く、マイナス10度くらいだったそうです)安かったなぁー」と、感慨にひたっていたら、思わぬ事態にsign02

 3日目に、予約入金をしていた、bus市内観光バスの集合時間に、watch2分遅れて到着。遅れても「待っているもの」と思い、途中さして急ぎもrunしなかったんですが、bus「バスがいない!」sad

 2012410 しかし、4日間の滞在中、関わった方に、職業を言った訳ではないのに、ずっとカウンセリングをしていました。泊まったhotelロイトン札幌の、日本料理店japaneseteaでは、ウェイトレスと。cameraカメラのシャッターを押してもらった「大きなマンション」でsnow雪掃除をしていたおじさんと。2日目の市内観光バスで一緒だった女性と。

 これって何?・・・・・家族と夫婦・グリーフ(喪失)の心理相談室「越谷カウンセルルーム」にも、黙っていても、人がやって来るっていうこと?

 札幌の団子japaneseteaは、気にいりました。でも、俳優の香川照之201249_2 の長男 5代目 市川団子の方が、私は好き!

団子ちゃん、6月8日(金)に、口上がある「襲名披露」見に行くよeye

2012年3月 4日 (日)

2011年度「子育て支援士」養成講座 修了 スペシャルゲスト登場!

20123 2011108  2011年度の、「子育て支援士」養成講座が終了しました。

 17名の支援士が誕生しました。これで、一期目の人を合わせると、33名の支援士が誕生したことになります。

 思い出せば、最初の会場は、独協大学のキャンパスの中だったなぁー。独協大学の内部団体に協力してもらって。大学の職員食堂で食べたランチ、安くて、おしかった。何だか自分が、出世して、田崎教授になったような錯覚が!!!したなぁ~

 一年間、24回。顔を合わせた受講者と、会えなくなるのは、とても寂しいですよ。でも、受講生たちは、これからも、第一土曜日に、同じ会場で、自主勉強会を続けてくれるそうです。これで、安心したなぁー。

 そんでもって、最後のしめは、やはり、打ち上げの食事会。そこに、当日のゲスト講師の高嶋先生が参加してくれました。週刊誌などで話題の人だけに、講師姿を見学する人が、この無風地帯の、越谷サンシティに吹きまくった後、食事会場にもみえてくれたんですよ!

 その時の一枚が、これ!

 美人がいると、周りの人が霞むようです。いつもは、この人、なんて綺麗なんだろう!と思っていた受講生の一人ひとりが、高嶋さんの美しさ前に、翳っていく~あぁ~

 そして、元ミス越谷ではない、ミス支援士でない、えぇーとミス?ミス?ああ、何だか忘れてしまうというミスを、私はしてしまった!

 に負けないような、自分になることを誓った、メモリアルな日でもありました。

2010年11月 2日 (火)

子育て支援士誕生!

2010108 なぜか、婚活でもりあがった、『子育て支援士』資格取得パーティ

109日に、子育て支援士が、8名が誕生しました。

とても喜ばしいことなので、主催者側が、お祝いの食事会を、新越谷のホテル『サンオーク』に、用意しました。“資格取得祝膳”は、豪華で、おしゃれで、上品で、おいしいと大好評。さすがホテル!

新・支援士たちの晴れやかな笑顔、あふれる支援士として決意、それぞれの今後の活動予定などが、16畳ほどの和室一杯に充満して、息苦しいほどでした。

もっとも、今後の予定でもりあがったのは「婚活」sagittarius。なぜ?

みんな、カップル作りをお手伝いし、支援士の仕事に繋げたいそうです。

さすが、支援士。その目は、越谷、いや埼玉、いや日本の将来に向いていました。

 

最後に、スタッフであり、講師であり、支援士の弘田・島田・田崎と柴田法政大学教授のフォー田(でん)が、新創作のお花を、新・支援士8人からいただきました。

感激したなぁー。ここに至るまでの1年間が頭の中を駆け巡り、スリー田は、うるうる。皆んな熱心で、いい人で、優れた人だったなー。

しかし、いいの?いただいて・・・・?逆じゃないのかな?

その後は、カラオケkaraoke。弘田先生の熱唱に、私は、思わずのけぞってしまいました。突然、地響きが起きたのであります。

P221018_116_2 

新創作のお花tulipは、新・支援士のKが作りました。リクエストがあれば、5個以上なら作り、届けてくれるそうです。小さくて、場所をとらず、本物のお花なので、気に入りました。また、長いこと楽しませてくれました。ありがとう!